昭和のプロレスは、面白かった!

子供の頃プロレスが、午後8時のゴールデンタイムにありました。当時の新日本プロレスと全日本プロレスを振り返り楽しかった試合を皆さんに喜んでもらえれば幸いです。

第80話 日本で活躍したレフリー 第2弾 ユセフ・トルコをご存知ですか?

f:id:tonchi3838:20200502164658j:plain

ユセフ・トルコ



こんにちは、昭和のプロレスが、大好きなトンチーです。
 
最初に応援ポチお願いします。


Facebookランキング

 
 
 
今回は、ユセフ・トルコ氏をご紹介します。
 
どう見ても日本人には、見えませんね。
 
どうして納得いかなかったので調べてみました。

f:id:tonchi3838:20200502164759j:plain

ユセフ・トルコ


 
 
プロフィール
 
1930年5月23日生まれ(83歳)
 
樺太出身?  神奈川県横浜市出身
 
本名  ユセフ・オマー
 
トルコ人の両親の間に横浜で生まれるとありました。
 
プロレスデビュー  1954年
 
元々プロレスラーであり、のちにレフリーをしていますね。
 
色々な肩書の持ち主で、喜劇俳優由利徹の弟子となり、俳優活動も
 
 
怒れ!力道山  (1956年、東映
 
東海道やじきた珍道中 (1959年、新東宝)など20作
 
テレビドラマでは、丹下左膳探偵物語など
 
 
私の印象としては、やはり、ひげをはやした奇妙なレフリーとして記憶に
 
残っています。
 
猪木の新日本プロレス旗揚げの時は、共に行動しましたが、新間寿営業本部長と
 
仲違いして、新日本プロレスを離れます。
 
 
1978年には、梶原一騎と共に、大相撲の高見山千代の富士を誘い出し
 
フジテレビ「大日本プロレス」を企てましたが、失敗に終わります。
 
1980年異種格闘技戦 猪木VSウイリー・ウィリアムス戦で、レフリーを
 
務めたことは、今でも鮮明に覚えていますね。
 
1981年アブドーラ・ザ・ブッチャーを新日本に移籍させたのも
 
ユセフ・トルコの影響だと言われています。
 
2013年心臓関係の病で83歳で死去
 
1980年2月27日 世界格闘技戦 蔵前国技館
 
 猪木VSウイリー・ウィリアムス