昭和のプロレスは、面白かった!

子供の頃プロレスが、午後8時のゴールデンタイムにありました。当時の新日本プロレスと全日本プロレスを振り返り楽しかった試合を皆さんに喜んでもらえれば幸いです。

令和のプロレス 第92話 G1CLIMAX29 内藤哲也VS鷹木信悟の試合

こんにちは、先週に続き令和のプロレスが、好きになりつつ

 

今回も見てしまったトンチーです。

 

応援ポチしてもらうと嬉しいです。


Facebookランキング

 

 

レスラーの名前も少しづつわかるようになりました。

 

まず簡単なプロフィールをご紹介します。

f:id:tonchi3838:20200718150439j:plain

内藤哲也

 

内藤哲也のプロフィール

 

1982年6月22日生まれ(38歳)

 

東京都足立区出身

 

身長   180センチ

 

体重   102㌔

 

デビュー 2006年5月27日

 

血液型  AB型

 

タイトル  IWGPヘビー級王座 2回

 

      IWGPインターコンチネンタル王座 5回

 

      G1CLIMAX 優勝 2回 他にも数々のタイトルを

 

      奪取


f:id:tonchi3838:20200718150557j:plain

鷹木信悟

 

鷹木信悟のプロフィール

 

1982年11月21日生まれ(37歳)

 

山梨県出身

 

身長   178センチ

 

体重   96㌔

 

デビュー 2004年10月3日

 

血液型  O型

 

タイトル  IWGPジュニアタッグ王座

 

      NEVER無差別級王座

 

この二人は、実は、アニマル浜口道場で、同じ釜の飯を

 

くった同級生同士の戦いです。

 

今回は、19年ぶりの戦いで、内藤は、その当時、鷹木に

 

連戦連敗で、歯がたたず、かなり嫉妬していたそうです。

 

前半戦の試合運びを見て、お互いにスピーディで、

 

二人とも交わし技が、見事で、見ているファンを

 

退屈させませんね。

 

今まで、見たことのない技が、でてきて、ドキモを抜かれました。

 

予想しない展開に面白みがありますね!

 

二人のスタミナは、凄すぎます。

f:id:tonchi3838:20200718151029j:plain

鷹木信悟内藤哲也高橋ヒロム

 

鷹木選手は、少し小柄ですが、かなりのパワーファイターです。

 

何度もラリアットシーンを見せられます。

 

鷹木選手が場外にでるとすかさず内藤選手は、飛び技をしかける為

 

ロープを利用して、走るのですが、鷹木選手が、気づいて

 

すぐに飛び技をやめる切り替えは、見事ですね。

 

ロープ際の攻防も仕掛けた方が、逆に切り返されて不利な立場

 

に展開、ダメージをうけるシーンは、見ていて面白いですね。

 

お互いの駆け引きが、見ていて面白いです。

 

では、白熱の27分の攻防戦をご覧ください。

 

 

 

私は、昭和のプロレスが終わり、一度熱が冷めていたのですが、この試合を

 

見て益々好きになりました。

 

2019年8月4日 大坂府立体育館 G1 CLIMAX29

 

内藤哲也VS鷹木信悟の試合

 

 

第91話 令和のプロレス オカダ・カズチカVS高橋ヒロムの試合

f:id:tonchi3838:20200711160252j:plain

猪木とオカダ・カズチカ



こんにちは、プロレスを愛するトンチーです。
 
昭和のプロレスから令和のプロレスに変わりました。
 
最初に応援ポチお願いします。


Facebookランキング

 
 
先日7月3日 34年ぶりに金曜日夜8時のゴールデンタイム
 
にテレビ中継が、復活しました。
 
 
 
プロレス中継が、深夜に追いやられてから、次第に見なくなりました。
 
しかし、久しぶりに新しい選手の顔を見る事ができ若手のレスラー
 
の名前を覚えていこうと思います。
 
新鮮な気持ちで、TV中継を見る気になりました。
 
 
 
コロナの影響で、無観客試合で行われました。

 
では、選手の紹介を簡単にします。

f:id:tonchi3838:20200711151806j:plain

オカダ・カズチカ


 
 
オカダ・カズチカのプロフィール
 
 
愛知県出身  A型
 
1987年11月8日生まれ(32歳)
 
身長  191センチ
 
体重  107㌔
 
デビュー 2004年8月29日
 
ニックネーム  レインメーカー(金の雨を降らせる男)
 
妻は、声優・女優・歌手の三森すずこ
 
 
高橋ヒロムのプロフィール
 

東京都八王子出身  A型

1989年12月4日生まれ(30歳)
 
身長   171センチ
 
体重   88㌔
 
ニックネーム  新時代ジュニアのカリスマ

デビュー  2010年8月24日
 
ユーチューバーでもある
 
 
オカダは、ヘビー級―の実力者(現在タイトルなし)、一方、高橋は、ジュニアヘビー級
 
チャンピョンです。
 
新日本プロレスのシリーズ 第16回NEW JAPAN CUP 2020の準決勝の試合です。


100㌔以上が、ヘビー級 100㌔未満が、ジュニアヘビーに分かれるから
 
わかりやすいですね。
 
ですからヘビー級の選手とジュニアヘビー級の選手とでは、かなりの
 
実力差があると思います。
 
今回身長差で、20センチ、体重差で19㌔の差は、かなりハンディじゃ
 
ないですか?
 
 
 
試合開始
 
体格差は、ありますが、高橋は、決して迫力負けは、していません。
 
ヘビー級でもかなりの身体能力で、定評のオカダ、スピードが、速いですが、
 
高橋は、それを上回るスピードで、勝負にでます。
 
一進一退の攻防が続きます。お互いにドロップキックを多発しています。
 
リング外に落とされるとそこでも飛び技が、展開されます。
 
リングコーナーに相手を座らせハイジャンプのドロップキック
 
オカダの持ち味ですが、高橋も負けてませんよ!
 
オカダは、高橋からかなりダメージを受けますが、ここぞというチャンス
 
に形勢逆転、
 
後半は、コブラクラッチで、高橋の首を徐々に痛める
 
展開に変わります。
 
しかしジュニアヘビー級チャンピョンのプライドにかけて、すんなり
 
負ける高橋では、ありません。
 
思った以上に見ごたえのある試合を見せてもらい、堪能しました。


 
 2020年7月3日 オカダ・カズチカVS高橋ヒロム 準決勝の試合

front.njpwworld.com

 
 
 
 
 
 

第90話 昭和のプロレスは、面白かった!鶴田VS三沢の試合

こんにちは、昭和のプロレス大好きなトンチーです。

 

最初に応援ポチお願いします。



Facebookランキング

 

鶴田は、全日本プロレスの馬場に次ぐ看板スターを長く

 

引き継いでいました。

 

若手のホープとして、デビュー当時から、期待されていた

 

三沢は、2代目タイガーマスクを卒業して鶴田を脅かす存在に

 

なってきました。

 

 

 

身長さ12センチ、体重差17㌔の壁を乗り越えて三沢が、

 

どのような戦いで、鶴田を攻め落とすか興味がありますね。

 

大抵の評価では、鶴田の体力に勝る人は、いないと思います。

 

スタミナ勝負、実力差では、まだ、鶴田の方が優勢という

 

評価が高いと思います。

 

一進一退の攻防の戦いが続きます。

 

リング上空からのドロップキック、その後のパイルドライバーで

 

三沢が、不利になります。その後、リング下に落ちた鶴田に

 

対して、リングから、飛ぶ三沢の攻撃、ファンは、興奮状態

 

20分過ぎからの試合展開が、面白いですね!

 

さて、試合結果は、どちらに栄冠がほほ笑んだのでしょうか?

 


ジャンボ鶴田vs三沢光晴(1990年6月8日 日本武道館)

第89話 格闘技戦 ミルク・クロコップVSボブサップの試合

こんにちは、格闘技大好きのトンチーです。


最初に応援ポチお願いします。


Facebookランキング




 
今回は、格闘技路線で、名実ともにナンバーワンのミルク・クロコップ選手が、
 
野獣ボブサップの挑戦をうけます、
 
貴方の予想は、どうですか?
 
私は、体格的にもボブサップが、有利だと思います。
 
身長・体重比較では、ミルクの188センチ、100㌔、ボブサップは、200センチ、150㌔
 
ですから、圧倒的にボブサップが、有利だと思いますね。
 
ボブサップは、フットワークもいいから、ミルク・クロコップに負けてません。
 
どちらかというとボブサップの圧力に押されてミルクが、形勢不利になるのが、
 
想像できます。
 
 
しかし、ミルクは、あの吉田秀彦選手に勝っているので、一撃の必殺技があります。
 
みごたいのある試合になっています。
 
ボブサップの迫力は、凄すぎて、怖いですね!
 
では、最後まで、ご覧くださいね!
 

第88話 格闘技戦  小川直也VS吉田秀彦の試合

こんにちは、格闘技大好きなトンチーです。
 
最初に応援ポチお願いします。

Facebookランキング
 
 
いつもは、昭和のプロレスで、皆さんに楽しんでもらっていますが、
 
今回は、元柔道選手同士のPRIDEのリングで、格闘技戦が、あったので
 
どちらが、勝つのか非常に興味があったので、取り上げてみました。
 
実は、この試合は、2005年に行われています。
 
小川は、プロレス歴8年のキャリアがあります。
 
 
2年後輩の吉田は、吉田道場を構え、格闘技路線で頑張っています。
 
 
私の予想では、プロレスでの実績からして、小川が有利なような気がします。
 
というのも、ライバル、橋本真也にも3勝1敗1無効試合の戦績です。
 
その橋本もこの年7月に40歳の若さで亡くなりました。
 
身長・体重の比較では、小川が、193センチ、110㌔ 吉田は、180センチ、107・5キロ
 
お互い格闘技用のグローブで、対戦します。
 
顔面攻撃、腕式逆十字とお互いに譲らず攻撃は、続きます。
 
しかし、左足が、折れる波乱が起きます。
 
さて、どちらの勝利となったのでしょうか?
 
最後は、お互いに称えあい、マイクパフォーマンスもあります。
 
この清々しい試合を是非ご覧ください!
 

第87話 猪木VS藤原の師弟対決

 

f:id:tonchi3838:20200607151251j:plain

猪木



こんにちは、昭和のプロレス大好きなトンチーです。
 
最初に応援ポチお願いします。

Facebookランキング


 
今回は、猪木の影武者であり、スパークリングパートナーである
 
この試合は、1986年6月12日に行われました。
 
猪木も藤原と同じく坊主頭で登場したのが、印象的でした。
 
2年前に新日本プロレスを離れUWFの団体に行った藤原が、新日本プロレス
 
マットに再登場しました。
 
最初は、藤原の首投げによる先制攻撃ではじまり、スリーパーホールドで
 
猪木を攻め立てます。
 
前半戦は、藤原のペースで、猪木はチャンスをうかがいます。
 
自分の体勢にもっていきインデアンデスロックからボーアンドアロー(弓矢固め)
 
にいき猪木が有利になりますが、藤原のヘッドバットで、またも形勢が、逆転
 
猪木の延髄切りも空を切り、上手くいかず
 
しかし、スキをみて猪木の鮮やかなジャーマンスープレックスで、藤原撃沈


★1986.06.12 アントニオ猪木vs藤原喜明

 
 

第86話 猪木VS天龍の夢の対決

こんにちは、昭和のプロレス大好きトンチーです。
 
 
最初に応援ポチお願いします。

Facebookランキング


 
 
今回は、猪木対天龍のドリームマッチです。
 
私は、この二人の対決を待ち望んでいました。
 
しかし、試合内容は、どうも納得のいくものでは、ありませんでした。
 
天龍の粘り強さが、出ず、猪木にスリーパーホールドを決められ
 
まさかのダウン、戦闘能力を完全に失いました。
 
このままでは、ファンは、納得しませんね!
 
この時点で、猪木の完全な勝利と思います。
 
不思議な事に天龍の回復をまつサービスタイムがありました。
 
長州の激励もあり、徐々に回復した天龍、卍固め、腕式逆十字を
 
受けるも耐える天龍は、パワーボムで、猪木にスリーカウント勝利
 
しかし、猪木は、すかさず負けたと思わず、すぐ反撃にでますが、
 
 
最後は、お互いのファイトを称えあいますが、う~ん納得がいかない!
 
天龍が、「猪木さんもう一度ファイトしましょう!」と呼びかけて、
 
最後は、猪木の定番の1・2・3ダ―!で、終了
 
次回は、もっといい試合をみたいものです。

最近の猪木と天龍のトークバトルが、面白かったので、掲載します。


アントニオ猪木×天龍源一郎 トークバトル | アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル